エイトドア 扉(door)を開けると、楽しい未来が待っている、道が拓ける。 Shizukaのつぶやき

お問い合わせ
blog > ごあいさつ 雑感 > 私の「前向きになる方法」 - Shizukaのつぶやき

私の「前向きになる方法」

2023年02月23日

 ご関係者の方々にはお知らせしておりましたが、昨年12月末に人工股関節の手術・入院いたしました。
 2月10日に無事に退院いたしましたこと、ご報告申し上げますとともに、ご心配・ご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお礼とお詫びを申し上げます。
 既に通常営業で活動しておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
    

**************
  

 このたびの手術・入院では、予定では3週間ぐらいだったのですが、術後の経過が芳しくなく、1か月後に2回目の手術をいたしました。
 1か月間で2回の手術、入院期間は約50日。
 1回目の手術の後、リハビリを続けていましたが、2回目の手術が決定した後は、これまでのリハビリは結局無駄になってしまいました。
 2回目の術後は1回目で”練習”していたこともあり、順調に回復して、退院することができたわけです。 これも、1回目手術後にケアしてくださった病院スタッフの皆さんに感謝なのです!
 まあ、自分でも頑張ったなぁと思います(笑

 2回の手術と毎日のリハビリで、病院のスタッフの方やご関係者の方に共通して言われたことがあります。

 「1か月間に2回も手術して、リハビリもしなおして・・・なんで下田さんはそんなに前向きでいられるんですか。痛いとも言わないし、しんどいとか感じることはないんですか」と。

       

 確かに、「弱音」を吐くことはありませんでしたが、自分では「前向き」ということを意識してもいませんでした。
 (私は前向きなんだ・・・)と改めて教えてもらったようです。
 

************
      

 自己理解を深めるため、今回の手術・入院を自分でどのように捉えていたのかを考えてみました。

 私自身が、医療・福祉の業界の皆さん向けに仕事をしているため、
 ✅ まず、手術・入院で「患者体験」ができる 
     ⇒ 仕事に活かすことができる
 ✅ 患者目線(顧客目線)になったとき、何をしてほしいのかがわかる
     ⇒ 病院・施設に求めるサービスを洗い出せる

 さらに、
 ✅ 1か月に2回も手術するなんて、珍しい経験ができる
     ⇒ つらいと考えるのではなく、誰も経験できないことを経験できる

 上記のように捉えていたと思います。
 そのためにしていたことは、病院のスタッフの方々の仕事を好奇心いっぱいで観ていました。
 また、これまで研修で伝えていたことは、現場のスタッフの皆さんに効果があるのかを勝手に検証したりもしていました。
 
 こんなことをしていたので、入院も振り返るとあっという間の期間だったように思います。
    

************
     

 まとめると、私は「前向き」というよりは、「好奇心」「探求心」を以て手術・入院に臨んでいたのかもしれません。
 つらい・苦しいと感じることを、「これからの自分の役に立つこと」、「誰も経験しないことかもしれない」という捉え方をして乗り越えることができると、これから起こるかもしれないつらい・苦しいことにも「あの時頑張れたのだから」という気持ちで向き合えるかもしれませんね。



検索

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

カテゴリ

最近の記事

最適なコンサルティング・プロモーションにて迅速に課題を解決し、ビジネス成果へ導くサポートをお約束します。

お問い合わせする