エイトドア 扉(door)を開けると、楽しい未来が待っている、道が拓ける。 Shizukaのつぶやき

お問い合わせ

活動報告38-回復期リハビリテーション病棟協会セラピスト上級研修で講義

2021年06月13日

6月に入り、一気に真夏日💦
温暖化の影響をひしひしと感じますね。

さて、先日、一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会のセラピストマネジャー上級研修(セカンドレベル)【全2回】で講義をいたしました。
このご時世、全国約50名のセラピストマネジャー(認定コース取得者さん)がオンラインでご参加です。2日間のコースで、私は1日目の講義を担当しました。
医療現場で苦手?と思われている「人事労務管理」をコンパクトに45分間で講義と質疑15分という流れです。

講義スライドの一部です。

*~*~*~*~*~*~*

 マネジャーになると、何だかんだで一番悩まされるのが「人」のこと。どうしても現場にいると、スタッフ1人の悩みごと、困りごとを個別対応しがちですが、まずは人事管理と労務管理という大枠を押さえ、大枠から解決することが大切です。
 今回は、改めて人事管理と労務管理の具体的な仕事ををお伝えしつつ、現場のマネジャーがすべきことをお伝えしました。また、人事管理と労務管理で押さえておきたい法令や院内制度もお伝えしました。
 受講者さんたちからは、人事労務に関することだけではなく、情報共有の悩みごとなどのご質問もあり、「どうしたらよいのか」ということを率直に質問してくださいました。こういうことで悩まれているんだなと、こちらも考える機会をいただけました。

*~*~*~*~*~*~*

 次回は、10月に第2クールです。「人事評価とフィードバック」がテーマです。
 ご受講の皆さん、またお会いできますことを楽しみにしております!

活動報告37-エイジングサポートライブにゲスト出演

2021年06月04日

 5月30日(日)、小川利久さん(以下、「りきゅうさん」)が運営するエイジングサポートライブにゲスト出演いたしました。
 本ライブは、介護事業運営のスペシャリストである「りきゅうさん」が介護業界を多角的な視点からゲストを招かれ、自由にトークするライブです。毎週水曜日と日曜日に開催されています。

 今回は、「辞めたくなる職場」をテーマに次のプログラムでトークセッション。 

 当日のライブ映像はこちらからご覧いただけます💛

 ✅ 「辞めたいのですが・・・」の2つの種類
 ✅ 「辞めよう」と思う職場
 ✅ 「ここなら働いてもいい」と思う職場
 ✅ 不安、不満、不信を蓄積しない職場へ
 ✅ 離職を防ぐための職場で使いたい言葉、避けたい言葉

 そもそも、「辞めたい」と行ってきたスタッフは、介護の仕事を辞めたくなったのか、職場を去りたくなったのか。

 

 *~*~*~*~*~*~*~*

        

 また、辞めたくなる時のスタッフの心理の変化から、それを防ぐには何ができるのかなどをトークしました。
 不安を放置すると不満へと発展し、不満が解消されないと組織不信になり、この時点で離職を考え始めるのではないかという提言をしました。
 ということは、不安を早期に排除することが大切で、そのためには、スタッフに声をかけて、不安なことがないかを聞き取ることから始めてみようということになりました。

        

 *~*~*~*~*~*~*~*

    

 1時間のライブ予定でしたが、弊社側の接続不良もあり、また、ご視聴の皆様からのライブコメントにお応えしたりで、2時間弱の充実ライブとなりました。

 ライブ終了後、「りきゅうさん」とは、
 「このテーマだったら、いくらでも話せるよね」ということになり、「辞めたくなる職場 第2弾」の開催もお約束いたしました。
 次回もご期待ください!

 「りきゅうさん」、貴重な機会をいただきありがとうございました。

6/1付けデーリー東北紙の「私見創見」にコラム掲載

2021年06月01日

6月1日(火)付けのデーリー東北紙の「私見創見」にコラムが掲載されました。

 今回のテーマは、「新入職員を大切に育てるために~教える側にも十分なケアを」です。

 新入職員も頑張ってる! 教える側も頑張っている!
 それを実りあるものにするために…

 詳しくは、写真をクリック!

活動報告36-現場リーダーのための職場コミュニケーション向上術(オンライン講座)を開催

2021年05月30日

 5月29日(土)、オンラインにて現場リーダーのための職場コミュニケーション向上術を開催いたしました。

 今回は、私、下田と弊社の人事アドバイザーの原が講師を務めました。
 私からは、
  ✅現場リーダーの5つの役割
  ✅リーダーとしての職場コミュニケーションのとり方と気を付けたいこと
  ✅世代間ギャップコミュニケーション
  ✅離職防止のためのコミュニケーション
などをお伝えしました。

終盤の講座の様子。写真は、講師の下田と原。

 原からは、リーダーとしての自己管理「アンガーマネジメント」のポイントをお伝えしました。
 リーダーのイライラから出る表情やものの言い方、話し方、そして態度が結果として大切なスタッフを離職させてしまうこともあることから、アンガーマネジメントはこれからは自己管理力の重要な要素の一つになると思われます。

 受講された方からは、早速アンガーマネジメントを実践したいとのとても前向きなご意見をいただけていました。

*~*~*~*~*~*~*~*

 対面での公開講座はまだまだ開催が難しいことから、エイトドアでは引き続きオンライン公開講座を予定しております。

 6月はアンガーマネジメントをしっかり学ぶ講座も用意しておりますので、簡単に学びたい!という方にお勧めです。

 講座の詳細、お申込みはこちらをクリック


 

 

活動報告35-教育担当者のための仕事の教え方基礎講座(オンライン)を開催

2021年05月08日

 5月7日、医療と福祉のためのオンライン講座『教育担当者のための仕事の教え方基礎講座~仕事ができる人に教えることを丸投げしない~』を開催しました。

 10名定員のところ、6名の皆様がご受講くださいました。
 エイトドアのオンライン講座は、受講者の皆様とのやりとりをしながら進めるので、少人数での運営が特長でもあります。一方的な講義ではなく、【共に考える】ことから新たなことが生まれるという思いからの運営です。

*~*~*~*~*~*~* ~*~*~*~*

 今回もいろんなやりとりがありました。
 【教育担当者の心構えとは?】について、ご受講の皆様からこのようなご意見をいただきました。

 ✅ 威張らない、偉そうにしない
 ✅ 話しかけられやすいようする
 ✅ 新人さんを客観的に見るようにする
 ✅ 新人さんを見守る
などのご意見をいただいました。

 こちらからは、次のことをお伝えしました。
 ✅ 自分も教育担当者としての成長を意識する
 ✅ 伝える、伝わるように話す、説明する
 ✅ 自分よりも優れている新人かもしれない
   (お互いのスキルを尊重する)

 その他にも、プログラムの中で様々なやりとりをしながらの進行でした。

世代間ギャップでの教育担当者が気を付けたいことの講義中です(^^)

*~*~*~*~*~*~* ~*~*~*~*

 ご受講者の皆様からは、
 ✅ 学びたいと思ったことが網羅されていた
 ✅ 明日からでも使いたいことがたくさんあった
 ✅ これまでも教育担当者の経験があったが、改めて振り返る機会になった
 とのお声をいただきました。

ご受講ありがとうございました❣

*~*~*~*~*~*~* ~*~*~*~*

 本講座は、5月24日(月)も同プログラムで開催いたします。ご興味がある方、是非ご受講をお待ちしております。
 詳細はこちらにアクセスしていただければと存じます。

 主なプログラムはこちらです(^^)/

活動報告34-今年度の新人研修、終了いたしました!

2021年05月03日

 今年は、リモートが進んだこともあり、4月は新人研修が目白押しでした。
 私の年代になると(大体わかりますよね笑)、新人研修のオーダーをいただくことは少なくなります。新人研修は、若手の講師がある意味、練習の場として講義するのがこの業界での主流でもありました。
 しかし、昨今の医療・福祉の業界では、離職を防ぐためにも新人研修は、接遇マナーだけではなく、「働く意味」や「自己管理」のようなキーワードで伝えることも重要になってきています。そういうことからも、”年季”の入った講義も必要なのかもしれません。

 今年度最後の研修は、保育園・学童を運営する社会福祉法人さんでした。改めて新人研修を実施したことがなかった法人でしたので、2年目3年目の職員さんにもご受講いただきました。

研修冒頭の「学生と社会人の違い」、「正職員と非正職員の違い」の意見交換

 エイトドアが提供する新人研修は、社会人としての心構えやその責任を中心にお伝えします。それに加えて、1年目でしか教えてもらえないことなどもお伝えしています。
 主なプログラムはこちら。

 また、2~3ヶ月後には、フォローアップ研修もあります。
 働いてみて、
  ✅どんなことが楽しかった、嬉しかったか
  ✅困ったことはどんなことがあったか、どう対処したのか
  ✅向こう半年間の目標(できるようになりたいこと)
 などを意見交換しながら行います。
 
 新人さんは、常に不安と隣り合わせに仕事をしています。だからこそ、その不安を早期に解消することが大切です。

 せっかく入職してくれた新人さんを大切に大切に(いい意味での厳しさも)育てるためには、これまで以上のケアが必要と思われます。

 私は新人さんを「輝く原石」と言っています。原石が更に輝くかは、磨く側の役割も大切ですね。

活動報告33-「女性の多い職場マネジメント講座」で講演

2021年04月25日

 4月24日(土)、青森県にある株式会社ミライテコ主催の『女性の多い職場マネジメント講座』で講演する機会をいただきました。

 オンラインとリアルのハイブリッド方式での講座開催でした。

 会場は、青森市内県庁近くの東奥日報新町ビルにあるコワーキングスペース。青森市にもこんな仕事スペースがあっていいなぁと。

*~*~*~*~*~*~*

 さて、今回の講演のきっかけは、八戸市のご出身で青森市内で歯科の副院長である大澤優子先生ご執筆のこちらの書籍のご講演からお声かけいただきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-12-24-9.14.36-697x1024.png

 事前お打合せにて、なんとなんと大澤優子先生とは同い年ということがわかり、「きっと、当時、八戸の街中辺りですれ違ってますよね~」という会話です。

*~*~*~*~*~*~*

 講座では、まずは大澤優子先生から、「離職を防ぐコミュニケーション」から次のキーワードでのご講演でした。

 ✅ 人間関係
 ✅ 「資格」と「勤務年数」
 ✅ シンプルに考える

うんうん!と頷くことがたくさんあり、まだまだ大澤先生とはたくさん情報共有したいと思いました。

*~*~*~*~*~*~*

 続いて、私からは
 ✅ 女性職場の特徴
 ✅ とはいえ、女性職員は職場に何を望んているのか
 ✅ となると、何ができるのか
     ⇒ 院長、管理職ができること
     ⇒ 女性職員自身ができること
 をお話させていただきました。

左側が大澤優子先生、右側が私。

 そうなると、結果として「人事管理」の問題になるということだと思います。
最後に次のことをお伝えいたしました。
 ✅ 仕事の成果、態度や意欲の点検
 ✅ 点検の結果をスタッフとの面談
 ✅ 仕事の成果への処遇  ⇒ 認めることばとお金
 ✅ ちゃんと働くための教育

講演スライドの一部です(^^)

*~*~*~*~*~*~*

 性別関係なく…という時代ではありますが、それでも男性と女性のそれぞれの違いがあり、それが職場に影響していることは間違いありません。

 よりよい職場にするためには、個別管理も大切ですが、ある程度のステレオタイプもつかんでおく必要があると思います。

 今回は、そういう意味で私自身も考えを整理できた講義でした。

*~*~*~*~*~*~*

 大澤優子先生とは、八戸出身の同期での益々の発信を企んでおります。
 乞うご期待❣

 このような機会をいただいた株式会社ミライテコの代表の池上文尋さんに感謝申し上げます(^^♪

 

コロナ禍での新人研修のあり方

2021年04月08日

 今日は午前中、調剤薬局のリモートによる新人研修でした。

 今年度は、新人研修のご依頼を5件いただいております。管理職向け研修を主としてご案内しているため、新人研修の機会は最近すっかりなくなっておりました。しかし、今年はいろんな理由で、しっかり新人研修を実施したいというご要望によるものです。コロナ禍が背景にあり、それが影響しているのだと思います。

 その一つに、人事担当者からすると、採用活動も思うように進められない一年でした。そんな中で折角採用した新人さんを離職させないために、最初にしっかりと教育をしておきたいということでした。

 また、コロナ禍で不安な状態で入職してきている新人さんのケアをしっかりしたいということもあるようです。

 更に、研修方法もリモートが主流になり、研修担当者もわざわざ研修会場を予約したり、一堂に会する段取りをしなくても受講できる環境をつくれることも理由だと思います。

 これまでの新人研修は、社会人としての心構えやマナーを教育することが主たる目的だったと思います。しかし、コロナ禍においては、それに加えて、就職活動中での組織の側との接触の機会が少なかったことへフォローアップ的な要素も必要だと考えます。

 新人研修を丁寧に行うことで、「組織はあなたたちを大切に育てていきたい」という側面もあるように思います。

*~*~*~*~*~*~*~*

 これからの新人研修は、単なる「教育」だけではなく、組織の側の新人さんへの思い入れのようなことも伝える機会として捉えることも必要なのではないでしょうか。

 せっかく採用した新人さんです。大切に組織で育っていきたいですね。

 

活動報告32-医療福祉の法人で新人研修を実施しました

2021年04月01日

 4月1日。新年度がスタートしました。
 新たな場所でスタートを切った方もいれば、昨日と引き続き同じ場所でご活躍される方もいれば。
 いずれにしても、4月1日は誰もが「始まり」を感じて動き出していらっしゃるのではないでしょうか。

 昨日は、八戸市内にて新卒の職員向け新人研修の講師を務めてまいりました。対面とリモートと併せて約80名ほどのフレッシャーズさんたちが受講されました。

 テーマは、「社会人に必要な心構えとスキル」。

 社会人1年目の初日。
 社会人としての心構えを先輩として伝えることは、私はとても大切だと思っています。それがないまま、現場に送り出されると現場が教えなければならないのです。
 それはそれでよいのですが、教育担当者の考え方もそれぞれですので、まずは、法人としての共通認識としてお伝えすることが必要だと思うのです。

*~*~*~*~*~*~*~*

 今回は、4時間という長丁場の研修。
 受講者が飽きないように、意見交換を交え、発言もしてもらい、お辞儀の仕方などは実際に動いてもらったりの構成でした。

 全体のプログラムはこんな内容でした。
  ✅ 学生と社会人の違い
  ✅ 働くとは、仕事とは
  ✅ 社会人としての基本接遇
    ○あいさつ ○みだしなみ ○言葉遣い ○電話対応
  ✅ 職場コミュニケーション
  ✅ 仕事の楽しみ方

 特に、2つ目のプログラム「働くとは、仕事とは」では、次の5つのことをお伝えしました。
  ○自分の仕事の成果と給料は交換
  ○嫌なこと、つまらないことでもやらなければいけない
  ○苦労したこと、頑張ったことが経験に残る
  ○経験が自分を成長させてくれる
  ○柳子と、苦労したことほど達成感を感じられる

 きっとワクワクした気持ちで入職したと思いますが、ワクワクの反面、辛いことや嫌なことも実際にあるということ、しかしそれは乗り越えると経験として財産になるということを初日に知ってもらいたかったこともあります。

 これは講師というよりは、先輩としての私の経験からの言葉です。

 フレッシャーズさんたちは、4時間の長丁場でも熱心にメモをとっておられました。

*~*~*~*~*~*~*~*

 地域の医療と福祉に未来に貢献する皆さん、ご入職おめでとうございます☆
 そして、無限の可能性を開花してくださいね💛
 

活動報告31-オンライン講座「現場リーダーのための職場コミュニケーション向上術」を実施しました

2021年03月30日

去る 3月27日(土)、エイトドア主催の医療と福祉のオンライン講座「現場リーダーのための職場コミュニケーション向上術」を開催しました。

 受講される皆様とのやりとりを活発にするため、少人数での開催です。病院、クリニック、介護施設、調剤薬局など全国各地の6名の医療・福祉従事者の皆さんがご受講くださいました。

 講師であるエイトドア代表の下田からは、
  ✅ リーダーの5つの役割
  ✅ リーダーとしてのコミュニケーションの取り方
  ✅ 離職防止のコミュニケーションとモチベーション管理
をお伝えしました。

 また、エイトドア人事アドバイザーの原からは、リーダーとしての自己管理術として、アンガーマネジメントについて講義いたしました。

メンバーのモチベーション管理~ほめる(認める)フレーズのつくり方~を講義中

*~*~*~*~*~*~*~*

 ご受講くださった方からは、次のようなご感想、お声をいただきました。

✅ 自分が今まで対応してきたことを音声、文字化していただいて、振り返ることができました。

✅リーダーとしてのコミュニケーションの技術について、全体的に大まかに網羅されていました。

✅ 今まで意識せずに行っていた対応を振り返ることで、改善する点や引き続き伸ばしていくていく点が明確になりました。納得する部分がとても多く勉強になりました 。

*~*~*~*~*~*~*~*

 エイトドアでは、2021年度も引き続き、オンラインによる公開講座を定期的に開催する予定です。

 随時ホームページにご案内をアップいたしますので、是非皆様のご受講をお待ちしております。

検索

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリ

最近の記事

最適なコンサルティング・プロモーションにて迅速に課題を解決し、ビジネス成果へ導くサポートをお約束します。

お問い合わせする