エイトドア 扉(door)を開けると、楽しい未来が待っている、道が拓ける。 Shizukaのつぶやき

お問い合わせ
blog > 公開講座

活動報告35-教育担当者のための仕事の教え方基礎講座(オンライン)を開催

2021年05月08日

 5月7日、医療と福祉のためのオンライン講座『教育担当者のための仕事の教え方基礎講座~仕事ができる人に教えることを丸投げしない~』を開催しました。

 10名定員のところ、6名の皆様がご受講くださいました。
 エイトドアのオンライン講座は、受講者の皆様とのやりとりをしながら進めるので、少人数での運営が特長でもあります。一方的な講義ではなく、【共に考える】ことから新たなことが生まれるという思いからの運営です。

*~*~*~*~*~*~* ~*~*~*~*

 今回もいろんなやりとりがありました。
 【教育担当者の心構えとは?】について、ご受講の皆様からこのようなご意見をいただきました。

 ✅ 威張らない、偉そうにしない
 ✅ 話しかけられやすいようする
 ✅ 新人さんを客観的に見るようにする
 ✅ 新人さんを見守る
などのご意見をいただいました。

 こちらからは、次のことをお伝えしました。
 ✅ 自分も教育担当者としての成長を意識する
 ✅ 伝える、伝わるように話す、説明する
 ✅ 自分よりも優れている新人かもしれない
   (お互いのスキルを尊重する)

 その他にも、プログラムの中で様々なやりとりをしながらの進行でした。

世代間ギャップでの教育担当者が気を付けたいことの講義中です(^^)

*~*~*~*~*~*~* ~*~*~*~*

 ご受講者の皆様からは、
 ✅ 学びたいと思ったことが網羅されていた
 ✅ 明日からでも使いたいことがたくさんあった
 ✅ これまでも教育担当者の経験があったが、改めて振り返る機会になった
 とのお声をいただきました。

ご受講ありがとうございました❣

*~*~*~*~*~*~* ~*~*~*~*

 本講座は、5月24日(月)も同プログラムで開催いたします。ご興味がある方、是非ご受講をお待ちしております。
 詳細はこちらにアクセスしていただければと存じます。

 主なプログラムはこちらです(^^)/

blog > 活動報告

活動報告34-今年度の新人研修、終了いたしました!

2021年05月03日

 今年は、リモートが進んだこともあり、4月は新人研修が目白押しでした。
 私の年代になると(大体わかりますよね笑)、新人研修のオーダーをいただくことは少なくなります。新人研修は、若手の講師がある意味、練習の場として講義するのがこの業界での主流でもありました。
 しかし、昨今の医療・福祉の業界では、離職を防ぐためにも新人研修は、接遇マナーだけではなく、「働く意味」や「自己管理」のようなキーワードで伝えることも重要になってきています。そういうことからも、”年季”の入った講義も必要なのかもしれません。

 今年度最後の研修は、保育園・学童を運営する社会福祉法人さんでした。改めて新人研修を実施したことがなかった法人でしたので、2年目3年目の職員さんにもご受講いただきました。

研修冒頭の「学生と社会人の違い」、「正職員と非正職員の違い」の意見交換

 エイトドアが提供する新人研修は、社会人としての心構えやその責任を中心にお伝えします。それに加えて、1年目でしか教えてもらえないことなどもお伝えしています。
 主なプログラムはこちら。

 また、2~3ヶ月後には、フォローアップ研修もあります。
 働いてみて、
  ✅どんなことが楽しかった、嬉しかったか
  ✅困ったことはどんなことがあったか、どう対処したのか
  ✅向こう半年間の目標(できるようになりたいこと)
 などを意見交換しながら行います。
 
 新人さんは、常に不安と隣り合わせに仕事をしています。だからこそ、その不安を早期に解消することが大切です。

 せっかく入職してくれた新人さんを大切に大切に(いい意味での厳しさも)育てるためには、これまで以上のケアが必要と思われます。

 私は新人さんを「輝く原石」と言っています。原石が更に輝くかは、磨く側の役割も大切ですね。

blog > 研修

コロナ禍での新人研修のあり方

2021年04月08日

 今日は午前中、調剤薬局のリモートによる新人研修でした。

 今年度は、新人研修のご依頼を5件いただいております。管理職向け研修を主としてご案内しているため、新人研修の機会は最近すっかりなくなっておりました。しかし、今年はいろんな理由で、しっかり新人研修を実施したいというご要望によるものです。コロナ禍が背景にあり、それが影響しているのだと思います。

 その一つに、人事担当者からすると、採用活動も思うように進められない一年でした。そんな中で折角採用した新人さんを離職させないために、最初にしっかりと教育をしておきたいということでした。

 また、コロナ禍で不安な状態で入職してきている新人さんのケアをしっかりしたいということもあるようです。

 更に、研修方法もリモートが主流になり、研修担当者もわざわざ研修会場を予約したり、一堂に会する段取りをしなくても受講できる環境をつくれることも理由だと思います。

 これまでの新人研修は、社会人としての心構えやマナーを教育することが主たる目的だったと思います。しかし、コロナ禍においては、それに加えて、就職活動中での組織の側との接触の機会が少なかったことへフォローアップ的な要素も必要だと考えます。

 新人研修を丁寧に行うことで、「組織はあなたたちを大切に育てていきたい」という側面もあるように思います。

*~*~*~*~*~*~*~*

 これからの新人研修は、単なる「教育」だけではなく、組織の側の新人さんへの思い入れのようなことも伝える機会として捉えることも必要なのではないでしょうか。

 せっかく採用した新人さんです。大切に組織で育っていきたいですね。

 

blog > 人事

活動報告32-医療福祉の法人で新人研修を実施しました

2021年04月01日

 4月1日。新年度がスタートしました。
 新たな場所でスタートを切った方もいれば、昨日と引き続き同じ場所でご活躍される方もいれば。
 いずれにしても、4月1日は誰もが「始まり」を感じて動き出していらっしゃるのではないでしょうか。

 昨日は、八戸市内にて新卒の職員向け新人研修の講師を務めてまいりました。対面とリモートと併せて約80名ほどのフレッシャーズさんたちが受講されました。

 テーマは、「社会人に必要な心構えとスキル」。

 社会人1年目の初日。
 社会人としての心構えを先輩として伝えることは、私はとても大切だと思っています。それがないまま、現場に送り出されると現場が教えなければならないのです。
 それはそれでよいのですが、教育担当者の考え方もそれぞれですので、まずは、法人としての共通認識としてお伝えすることが必要だと思うのです。

*~*~*~*~*~*~*~*

 今回は、4時間という長丁場の研修。
 受講者が飽きないように、意見交換を交え、発言もしてもらい、お辞儀の仕方などは実際に動いてもらったりの構成でした。

 全体のプログラムはこんな内容でした。
  ✅ 学生と社会人の違い
  ✅ 働くとは、仕事とは
  ✅ 社会人としての基本接遇
    ○あいさつ ○みだしなみ ○言葉遣い ○電話対応
  ✅ 職場コミュニケーション
  ✅ 仕事の楽しみ方

 特に、2つ目のプログラム「働くとは、仕事とは」では、次の5つのことをお伝えしました。
  ○自分の仕事の成果と給料は交換
  ○嫌なこと、つまらないことでもやらなければいけない
  ○苦労したこと、頑張ったことが経験に残る
  ○経験が自分を成長させてくれる
  ○柳子と、苦労したことほど達成感を感じられる

 きっとワクワクした気持ちで入職したと思いますが、ワクワクの反面、辛いことや嫌なことも実際にあるということ、しかしそれは乗り越えると経験として財産になるということを初日に知ってもらいたかったこともあります。

 これは講師というよりは、先輩としての私の経験からの言葉です。

 フレッシャーズさんたちは、4時間の長丁場でも熱心にメモをとっておられました。

*~*~*~*~*~*~*~*

 地域の医療と福祉に未来に貢献する皆さん、ご入職おめでとうございます☆
 そして、無限の可能性を開花してくださいね💛
 

検索

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ

最近の記事

最適なコンサルティング・プロモーションにて迅速に課題を解決し、ビジネス成果へ導くサポートをお約束します。

お問い合わせする