エイトドア 扉(door)を開けると、楽しい未来が待っている、道が拓ける。 Shizukaのつぶやき

お問い合わせ
blog > 人事

活動報告33-「女性の多い職場マネジメント講座」で講演

2021年04月25日

 4月24日(土)、青森県にある株式会社ミライテコ主催の『女性の多い職場マネジメント講座』で講演する機会をいただきました。

 オンラインとリアルのハイブリッド方式での講座開催でした。

 会場は、青森市内県庁近くの東奥日報新町ビルにあるコワーキングスペース。青森市にもこんな仕事スペースがあっていいなぁと。

*~*~*~*~*~*~*

 さて、今回の講演のきっかけは、八戸市のご出身で青森市内で歯科の副院長である大澤優子先生ご執筆のこちらの書籍のご講演からお声かけいただきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-12-24-9.14.36-697x1024.png

 事前お打合せにて、なんとなんと大澤優子先生とは同い年ということがわかり、「きっと、当時、八戸の街中辺りですれ違ってますよね~」という会話です。

*~*~*~*~*~*~*

 講座では、まずは大澤優子先生から、「離職を防ぐコミュニケーション」から次のキーワードでのご講演でした。

 ✅ 人間関係
 ✅ 「資格」と「勤務年数」
 ✅ シンプルに考える

うんうん!と頷くことがたくさんあり、まだまだ大澤先生とはたくさん情報共有したいと思いました。

*~*~*~*~*~*~*

 続いて、私からは
 ✅ 女性職場の特徴
 ✅ とはいえ、女性職員は職場に何を望んているのか
 ✅ となると、何ができるのか
     ⇒ 院長、管理職ができること
     ⇒ 女性職員自身ができること
 をお話させていただきました。

左側が大澤優子先生、右側が私。

 そうなると、結果として「人事管理」の問題になるということだと思います。
最後に次のことをお伝えいたしました。
 ✅ 仕事の成果、態度や意欲の点検
 ✅ 点検の結果をスタッフとの面談
 ✅ 仕事の成果への処遇  ⇒ 認めることばとお金
 ✅ ちゃんと働くための教育

講演スライドの一部です(^^)

*~*~*~*~*~*~*

 性別関係なく…という時代ではありますが、それでも男性と女性のそれぞれの違いがあり、それが職場に影響していることは間違いありません。

 よりよい職場にするためには、個別管理も大切ですが、ある程度のステレオタイプもつかんでおく必要があると思います。

 今回は、そういう意味で私自身も考えを整理できた講義でした。

*~*~*~*~*~*~*

 大澤優子先生とは、八戸出身の同期での益々の発信を企んでおります。
 乞うご期待❣

 このような機会をいただいた株式会社ミライテコの代表の池上文尋さんに感謝申し上げます(^^♪

 

blog > 人事

活動報告32-医療福祉の法人で新人研修を実施しました

2021年04月01日

 4月1日。新年度がスタートしました。
 新たな場所でスタートを切った方もいれば、昨日と引き続き同じ場所でご活躍される方もいれば。
 いずれにしても、4月1日は誰もが「始まり」を感じて動き出していらっしゃるのではないでしょうか。

 昨日は、八戸市内にて新卒の職員向け新人研修の講師を務めてまいりました。対面とリモートと併せて約80名ほどのフレッシャーズさんたちが受講されました。

 テーマは、「社会人に必要な心構えとスキル」。

 社会人1年目の初日。
 社会人としての心構えを先輩として伝えることは、私はとても大切だと思っています。それがないまま、現場に送り出されると現場が教えなければならないのです。
 それはそれでよいのですが、教育担当者の考え方もそれぞれですので、まずは、法人としての共通認識としてお伝えすることが必要だと思うのです。

*~*~*~*~*~*~*~*

 今回は、4時間という長丁場の研修。
 受講者が飽きないように、意見交換を交え、発言もしてもらい、お辞儀の仕方などは実際に動いてもらったりの構成でした。

 全体のプログラムはこんな内容でした。
  ✅ 学生と社会人の違い
  ✅ 働くとは、仕事とは
  ✅ 社会人としての基本接遇
    ○あいさつ ○みだしなみ ○言葉遣い ○電話対応
  ✅ 職場コミュニケーション
  ✅ 仕事の楽しみ方

 特に、2つ目のプログラム「働くとは、仕事とは」では、次の5つのことをお伝えしました。
  ○自分の仕事の成果と給料は交換
  ○嫌なこと、つまらないことでもやらなければいけない
  ○苦労したこと、頑張ったことが経験に残る
  ○経験が自分を成長させてくれる
  ○柳子と、苦労したことほど達成感を感じられる

 きっとワクワクした気持ちで入職したと思いますが、ワクワクの反面、辛いことや嫌なことも実際にあるということ、しかしそれは乗り越えると経験として財産になるということを初日に知ってもらいたかったこともあります。

 これは講師というよりは、先輩としての私の経験からの言葉です。

 フレッシャーズさんたちは、4時間の長丁場でも熱心にメモをとっておられました。

*~*~*~*~*~*~*~*

 地域の医療と福祉に未来に貢献する皆さん、ご入職おめでとうございます☆
 そして、無限の可能性を開花してくださいね💛
 

blog > 人事

活動報告30-非正規職員から正職員になるための研修してきました

2021年03月27日

 先日、ある法人さんからのご依頼で、非正規職員から正職員になる皆様への研修を実施しました。

 同一労働同一賃金の取り組みからも、その役割の違いをご認識いただくことは大変重要かと思います。

 今回の研修のプログラムは、こんな内容にしてみました。

✅ 正規職員と非正規職員の違い(意見交換)
✅ 正規職員に必要なスキル
  ○タイムマネジメント ○自立型の仕事の仕方 ○効率と成果
  ○確実かつタイミングよい報告・連絡・相談 ○自己啓発力を高める
✅ 正職員としての職場コミュニケーションの重要性

テキストの一部です(^^)/

 講義をしていて思ったことは、お気づきだと思いますが、正規職員と非正規職員とも仕事をするからには変わりないことです。

 そうなると、日々の仕事は変わりないのであれば、役割と責任の所在の違いを明確にしておくことが同一労働同一賃金の差を示せるということです。

 仕事と役割の違いをちゃんと確認する機会として、自院・自施設で是非確認してみてください。

blog > マネジメント

活動報告28-介護施設にて一般職員研修「報告連絡相談の重要性」を実施しました

2021年03月12日

 去る3月10日(水)および11日(木)、介護施設にて一般職員向けの研修を実施いたしました。 研修形式は、オンライン。すっかりこの方式にも慣れてくださったようです。

     

 隔月で実施している研修で、今回のテーマは、「報告・連絡・相談の重要性~正しい仕事をするために~」でした。

 4月に新入職員を迎えるにあたり、諸先輩方々が、社会人の基本である「報告・連絡・相談」がきちんとできているのかを考える機会とするための研修でした。

 職員同士での報告・連絡・相談におけるトラブルについて、意見交換していただき、それを踏まえて、報告、連絡、相談の違いとそれぞれで気を付けたいことなどをお伝えしました。      

✅ 報告は、正確に情報を伝えることが大切。正確に伝えるためには、「5W1H」で報告と言われていますが、果たして実践できていますか?

✅ 「伝えましたよね」、「聞いてません」などよくあるトラブルは、結果として仕事が遅れる、利用者さんやご家族に迷惑がかかり、職員間の関係性もギスギスしてしまうという悪循環。だからこそ、お互いに気を付け合おう!

という内容でした。

      

 新入職員を迎えるにあたり、今一度自分の「報告・連絡・相談」の仕方を振り返ってみてはいかがでしょうか。


blog > マネジメント

「女性の多い職場のマネジメント講座(医療機関・一般企業など)」~女性が多い職場で人間関係にお困りの方に様々な視点で解決法を示唆!~のご案内

2021年03月10日

 このたび、青森ドクターズネット主催にて女性の職場マネジメント講座を開催いたします。青森ドクターズネットは医療機関のサポートをすることが多いのですが、院長の相談や看護師長や事務長とお話すると必ず人の問題でお悩みのことが圧倒的です。

 特に女性の職場の場合、人間関係のトラブルが起きて色々と仕事に支障をきたしてしまうケースが多く、大半の経営者や管理職の方は頭を悩ませておられるようです。

 講師は、2名。
 お一人目は、大澤歯科医院副院長の大澤優子先生です。大澤先生は昨年10月に「歯科衛生士のトリセツ」という本を初出版され、その内容が女性の職場のマネジメントに関する示唆が多くて、たくさんの経営者から感謝の言葉をもらったそうです。
 実際に本を読んでみるとなるほどなあという金言満載です。そこで、今回はその内容も含め、「女性の職場の仕事のマネジメントについて」お話頂く予定です。

 二人目は弊社代表の下田静香です。
 医療機関・福祉施設での人事の問題・課題をベースに、「離職防ぐ職場コミュニケーション~世代間ギャップで気を付けたいこと~」ということで、働きやすい職場でのコミュニケーションや仕事が楽しい職場のつくり方、居心地のいい職場にするための方法をお伝えします。

詳細とお申込みはこちらから。

「女性の多い職場のマネジメント講座(医療機関・一般企業など)」~女性が多い職場で人間関係にお困りの方に様々な視点で解決法を示唆! | Peatix


<詳細情報>
日時:2021年4月24日 (土) 15:00 – 17:30(入場は14:45~)

会場:コワーキングスペース seven C’s(セブンシーズ) 青森市新町2丁目2−11 東奥日報新町ビル 2F

講師:大澤優子氏・下田静香氏

定員:リアル参加20名 オンライン参加50名

会費:2000円

blog > 人事

評価面談の”密”、どうする?~人事担当者の役割~

2020年04月15日

 先日、ある病院の人事部長からのご相談。

「新型コロナウィルス感染の影響で、2019年度下期の評価面談を中止している病院はありますか?」というご相談でした。私から、「どうしてですか?」と問い返したところ、評価面談(フィードバック面談)が”3密(密閉、密集、密接)”が気になるとのことでした。

*~*~*~*~*~*~*

 確かに、評価面談(フィードバック面談)は個人情報満載の内容ですから、密室で行われます。面談する上司も面談を受けるスタッフも双方共に話すことを他者に聞かれてくないですから、扉を開けて話すには躊躇する人が多いと思います。

 また、一対一での面談ですから、そんなに広い場所ではないことから、さらに密室性が高くなること間違いなしなわけで、そこには”3密”の「密閉」と「密接」が発生するため、そういうことからのご相談でした。

*~*~*~*~*~*~*

 上記のことについて、こう考えます。

 まず、感染の危険性があることはやらないことが第一です。これは言うまでもないことですが、優先度緊急度からするとここが一番大切なことを人事担当者としても押さえておかなければならないことです。

 その上で、次に人事評価の結果を何に使っているのかです。定期昇給や賞与決定の材料に使っているのであれば、特に定期昇給は賃金規程にも明記されているはずですから、そのとおりに実施しなければなりません。つまり、人事評価を行わないと定期昇給ができないということになります。一方で、「密閉」「密接」になるので、評価面談は省略しようということでもないと思います。生活給である月例賃金ですから、正しい手続き(ちゃんとフィードバック)で行われなければなりません。

 人事担当者としてすべきことは、感染防止対策を理解しつつ、評価面談を行ってもらうために、留意してほしいことを評価者やスタッフに発信することが一つの役割なのではないでしょうか。

*~*~*~*~*~*~*

例えば、こんな通知とかです。

      

 このたびの新型コロナウィルス感染防止を踏まえ、評価面談の際は、次のことに十分留意の上行ってください。

1.面談場所を「密閉」にしない。 ⇒ 定期的に換気しましょう。

 ☑ ドアを少し開ける。ただし、面談内容が他者に聞かれないよう配慮してください。

 ☑ 定期的に窓を開けて換気する。

2.面談者、被面談者同士の「密接」を避ける。 ⇒ 以下は努力をお願いします。

 ☑ ソーシャルディスタンスが確保できる部屋で行う。

 ☑ できるだけ面談時間を短縮できるよう面談内容を準備しておく。

※ 非常に厳しい状況環境下での実施となりますが、スタッフにとって大切な面談ですので、ご理解のほどお願いいたします。

*~*~*~*~*~*~*

 感染対策が強化されている中での面談は非常に感染の危険性が伴います。しかし、それでも一方で、人が働いている以上、人事は動いているのです。止めることはできません。だからこそ、人事担当者として、動きを止めない発信は大切な役割の一つだと思います。

blog > 人事

プロの仕事

2019年12月20日

2019年もあと10日となりました。

皆様にとってどんな一年でしたでしょうか。

 今日は先日、保育園での研修でふと思ったことを書いてみました。研修テーマは、「保育園の役割とサービス」でした。

     

 医療・福祉業界は産業分類ですと「サービス業」に分類されています。

 飲食業や販売業と同じ「サービス業」です。少し違和感を感じるかもしれませんが、医療・福祉でのサービスという視点で研修をしました。

*~*~*~*~*~*

 今や病院も介護施設も保育園も「選ばれる」という時代に突入しています。日本の人口構造からすると多すぎる、もしくは近い将来多すぎることが予測されているということですね。

 病院は「地域医療構想」という取り組みから、「そんなに簡単に大きな病院にかかるのではなく、近くの安くすむクリニックに通って下さい」と言わんばかりに大きな病院の病床数を減らして下さいと国からの指導、介護施設(高齢福祉)は人員不足による職員の取り合い、保育園は現段階では待機児童対策を推進しているものの、地方では定員に到達していない保育園も多々あるという現実。いずれにしても、何らかの要因で「競争」が始まっているのです。

 そして、どの分野でも共通しているのは国家資格を保有している専門職集団の業界であり、人が歳を重ねる上で必要な、ある意味「インフラ」のようなものだと思います。

*~*~*~*~*~*

 しかし、医療は別ではありますが、介護は核家族化が進み、同居できていない高齢者介護をどうするのか、本当は自宅で親の世話ができればいいけれど、自分も働いて生計を成り立たせなければいけないということから、プロが必要となり、「介護」という仕事、職業として成り立ってきました。保育は、生計を成り立たせるためには、両親共々働きたいということから、家での子育てではなく、それに代行できるプロとして保育があります。

 介護も保育も、かつては家族で協力してやってきた生活の一つでしたが、それが職業になっているということ、国家資格であるということは、「プロ」であって、自宅でやっていることとは違うのだという認識が必要だと思うのです。

*~*~*~*~*~*

 保育でいうと、「子育て」と「保育」の違いは何でしょうか。

 私の中では、まだ勉強不足で答えが出ていません。これから整理していきたいと思っています。

 保護者が仕事に行くから、その間「預かってあげている」というのが保育園はプロではないと私は思います。

 保護者が仕事に行っている時間に子どもたちが成長できるタイミングを逃さずに発達段階に合わせたたくさんの経験をさせてあげよう!がプロの仕事なのではないかなぁと・・・。

*~*~*~*~*~*

 「プロの仕事」。素人との違いを考える機会になりました。私にとっても人事のプロとして考え直す機会でした。

検索

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ

最近の記事

最適なコンサルティング・プロモーションにて迅速に課題を解決し、ビジネス成果へ導くサポートをお約束します。

お問い合わせする